Twitterやってます。
2017.09.04

感想と推薦

UNISON SQUARE GARDEN - UNISON SQUARE GARDEN

THE BACK HORN、GRAPEVINEを聞いていたと言うだけあって、そのテイストが感じられる曲調。3ピースでも音にしっかりとした厚みがあって、バランスが良いと思った。

just A moment - 凛として時雨

その名の通り、切なくて冷たい雨が降る。TK(男性Vo)のハイトーンは好みが分かれるところだが、345(女性Vo)とのツインボーカルが生み出す緊迫感はとても狂おしく、破滅的で情緒に溢れている。

軌道-WARPHOLL

でもね、曲はめっちゃカッコイイス。そういう細かいところを気にするアホウは僕くらいなもんで、良いアルバムに仕上がってますよ。

衝撃の展開に思わず笑みがこぼれる一品 "Stick Stickly" Attack Attack!

いやはや、凄いの見てもーた。基本はスクリーモなんですが、エモが来たと思ったらいきなりエレクトロニカなん?4つ打ちなん?っていう最高の一品です。

On Fire-The Higher

1曲目の「insurance?」からいきなり「It's Only Natural」と似たテイストのノリノリナンバーで、一気に持ってかれてしまいました。全体的に気持ちよく聴けるアルバムに仕上がっています。

SO MANY MUSIC,SO MANY COLORS - Looking For

埼玉産インディーズバンドLooking For。同郷なら応援しないわけにはいかない。とにかくメロディック・メロディックなのであります。まさしく僕好み。ありがとうございます。

NIGHT FISHING - サカナクション

初めて聴いた感想はズバリ「つまらん」。 で、封印しようかと思いつつ、他に聴くものもないし・・・などとループ再生していたところ・・・4,5回目くらいから良くなってきました。

Music is the key-UNCHAIN

僕のファーストインプレッションは、 「んー、フライングキッズ?いや、オリジナルラヴ?」 でした。 前作 rapture が割とアップテンポで勢いのある印象だったので、アップテンポ好きな僕には少し物足りないというか、お子ちゃまな僕の好きな路線とはちょっと違うかなぁという感想。

air feel,color swim - school food punishment

女性Vo.なんですが、彼女の声と曲の世界観が絶妙です。彼女の声を聴いていると、切なくなるような、苦しくなるような、かと思えば一気に解放されるような、フワフワ浮かんでいるような。 クラムボンが好きな人とかすんなり聴けるんじゃないかと思います。

ALBO─Mistral

正統派J-popとでもいうべき非常に聴きやすい作品。メロディーも心地よく耳に残る感じ。無意識のうちに結構気に入っていたらしく、このまえ気付いたら4曲目のサビをひたすら口ずさんでました。
RSS
2010.06.27

死ぬも生きるも紙一重

このまま建物に引火していたら、僕は死んでいたのだろうか。
そう思ったのがこれで二回目である。

最近、ぶっかけうどんに凝っている。
茹でたうどんにかき揚げと生卵、それに巷で噂の食べるラー油を入れて、薄めて使うつゆをそのままかけて食べる。これがうまい。

そうやって今夜も至福のひとときを満喫した後、残っていたビールを飲み干すと床に横になった。
飲み食いした後の微睡みほど心地よいものはない。

やがて目が覚めて、喉が渇いたので冷蔵庫まで5歩。
3.5歩目のアコーディオンカーテンを開けた刹那、僕はその異変に気付いた。

キッチンがサウナのように暑い。そうしてすぐに目に入った赤い光。
電気コンロのスイッチが入っている。その上には空の鍋。

すぐにスイッチを切り、換気扇を回す。部屋にはオーブンでピザを焼いた際に匂う香りが漂っている。

しばらくして冷めたであろう鍋を確認してみると、銀色のステンレス鍋が心なしかくすんだ青色に変色しており、鍋の底の中心部分が内側に隆起している。

熱かっただろう。でも燃えなくて本当に良かった。ありがとう、そしてごめんなさい。
よくわからないが、とりあえず鍋に感謝する。

こんな事が以前にもあった。
あの時はモツ鍋を火にかけたまま眠ってしまったのだ。目が覚めたら部屋が煙で真っ白だった時の衝撃は今でも良く覚えている。黒こげになったモツにも燃えなくてありがとう。と言った気がする。

もしかしたら、そう簡単に火事は起きないのかもしれない。
もしくは、運良く生き残っているだけなのかもしれない。

生きるも死ぬも紙一重。
そう考えたら死にたくない。そう思えてくる。
生きている事にありがとう。そしてごめんなさい。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

お名前 Eメイル
URL ログイン情報を記憶